TOP > ブルーレーザーポインター > 501B ブルーレーザーポインター

プレゼンをより印象づけるブルーレーザーポインター

ブルーレーザーポインター501B 頭部アップ

ブルーレーザー501B クリップの外観デザイン
スマートな形状で主張しすぎないシルバーのクリップつき。

ブルーレーザー501B 全体A
クリップとLED以外はブラックで統一されたシンプルなデザイン。

ブルーレーザー501B 全体B
従来品より高品質の台湾製です。

ブルーレーザー501B LEDの状態
照射中はスイッチボタンのとなりにあるLEDが青色に点灯。

ブルーレーザー501B 照射スポット
写真では濃いめの青色に映っていますが、実際はLEDと同じ色味です。

ブルーレーザー501B スイッチボタン
凹凸のなだらかな押しやすいスイッチボタン。

 品番501B 光出力5mW 税込¥16,800 4~6日でお届け 


注文フォームへ

※カート式ではありませんので注文ページのフォームに商品名や出力をご入力ください。


高輝度ブルーレーザー採用で優れた視認性

鮮やかな青色レーザーかつ5mW出力を採用したことで、いままでにない印象に残るプレゼンを演出しやすく、プレゼン成功への大きなアドバンテージが生まれます。視聴者やクライアントにとって高輝度で見やすい色味の青色レーザーを使用したプレゼンは、ライバルとの差別化にも効果的。


プレゼンでの使用者がまだ少ない希少な青いレーザー

掲載の画像ではうまく色味をお伝えできていませんが、実際はかなりきれいな青色です。流通量が非常に少ないことから、プレゼンに適切な出力の高輝度ブルーレーザーを使用している方はまだ圧倒的に少数であり、プレゼン指示ツールに青色光を採用しているだけで興味を持たれることでしょう。


ブルーレーザーの偽装商品にご注意

ブルーレーザーポインターを選ぶ際に間違えやすいことのひとつに、波長405nmの紫色レーザーを青色だと思って購入してしまうことが多いようです。他店では、ブルーレーザーポインターと表記しているにも関わらず、実際は波長405nmの紫色レーザーであるケースが多く見られます。紫色レーザーは視認性が極めて悪く、プレゼンには適していません。波長としては青色光と近似色にはなりますが、視認性が大きく異なるので十分ご注意ください。

 製品データ

型番
501B
光出力
5mW
本体サイズ
φ12.5mm×146mm
重さ
約49g(電池含まず)
波長
455-465nm
発振動作
CW
モード
シングルモード
ビームサイズ
2mm×3mm 楕円
焦点調節
不可
スイッチ
側面プッシュ式モーメンタリ
連続照射
24時間 (電池がもつまで) 
素材
アルミ合金
本体カラー
ブラック
表面処理
カラーアルマイト
使用電池
単4アルカリ電池 2本  (電池は付属しません)
作動温度
環境温度5℃~+35℃
保管温度
環境温度-10℃~+50℃
LD寿命
8,000時間
保証期間
1年
その他
製品本体のみとなり、化粧箱はつきません。