TOP > 後払い

後払い、請求書払いについて

各種法人のお客さまのみがご利用いただけるお支払い方法です



請求書払いは電信送金でお受けしています

ドル建て送金で中華人民共和国の銀行への電信送金でのお支払い方法でお受けしております。送金手数料はお客様のご負担となります。尚、発送後、お支払い方法の変更はできません。


各種書類はPDF発行となります

請求書と納品書は商品発送時にPDFにてお送りします。紙の書類がどうしても必要な場合は郵送対応可能ですが、各種書類を郵送希望の場合は別途費用(400円)を頂戴いたしますので、事前にお申しつけくださいますと代金の請求金額に合算いたします。


請求書払いをお受けするにあたり、一定の審査および条件があります

納品先は現在法人が実際に活動している住所やその関係先法人である必要があります。会社で使用しているドメインのメールを使用していない、法人ウェブサイトが存在しない、ウェブサイトが存在していても現在社会的に活動しているように見受けられない、創業間もなく情報が少ない、等の要素がある場合は請求書払いをお受けできないことがあります。また、請求書払いをお受けできない場合であっても、その理由は一切お伝えできませんのでご理解いただきましたうえでお申し込みください。