TOP > ブルーレーザーポインター > S600E ブルーレーザーポインター

ステンレスが質感高い3WブルーレーザーポインターS600E

ブルーレーザーポインターX900BM

ブルーレーザーポインタS600E全体
なかなか堅牢な造りで硬質感が高いです。

ブルーレーザーポインタS600Eの持ち手
スイッチボタンから指を離しても照射が持続するオルタネイトタイプ。

ブルーレーザーポインタS600Eの後部キャップを取り外したところ
使用電池は26650リチウムイオン 2本となります。

ブルーレーザーポインタS600Eのスイッチボタン
スイッチボタンまでも金属素材です。

ブルーレーザーポインタS600Eの照射口
スタンダードな色味のブルーレーザー。

S600E 光出力3W(3000mW) 税込¥38,800 
4~6日でお届け


注文フォームへ

※カート式ではありませんので注文ページのフォームに商品名や出力をご入力ください。


高品質の本体に安全装備も

ボディは持った感じも硬質感のある高い品質を感じられます。安全面はパワースイッチボタンのみでなく、電源供給のON/OFFを切り替えるためのセーフティロック装備。セーフティキーと本体を別に保管しておけば、持ち運び中などの不意の照射や、子どものいたずら防止になります。


強力なビームでカラス対策にも大きな効果

ブルーレーザーはグリーンレーザーより視認性に劣りますが、3Wもの出力があるので、カラス対策用途にも人気です。カラスが群がっていたり、住宅地でうるさく鳴いていたりと人間にとって迷惑になることもあるカラスの追い払いに頭を悩ませているお客様にも好評です。人間の目の視認性からすると、グリーンレーザーのほうがどこを照射しているかわかりやすいので、カラス撃退にはグリーンレーザーポインターX300 500mWのほうがおすすめですが、逆に夜間使用時にあまり目立つ光は出したくないという場合には、グリーンレーザーより視認性の落ちるブルーレーザーのほうが周囲から目立ちにくくよいかもしれません。


使いやすいオルタネイトスイッチ

スイッチボタンを押した後に指を離した場合でもレーザーの照射状態を保持します。一回押すとスイッチボタンから指を離してもレーザー照射が持続するので、一旦レーザーポインターから手を離して作業するような実験や研究にも向いています。


偽装30W(30000mW)を売る出力詐欺店に注意

現在、中国人詐欺グループが日本語を使用して運営している出力偽装ショップが乱立しています。それらショップに掲載されている「30W」や「30000mW」、
「50W」や「50000mW」表示の青色レーザーポインターは、実際には1W(1000mW)程度しかないことがネット上の検証動画等でも確認されていますので、偽装品をつかまされないように十分ご注意ください。詳細はレーザーポインター出力詐欺・偽装問題をご覧ください。

 製品データ

型番
S600E
光出力
3W (3000mW)
本体サイズ
φ28mm×256mm
重さ
約550g(電池含まず)
波長
450nm
発振動作
CW
モード
シングルモード
ビーム最小
2mm×5mm (ビームウエスト)
焦点調節
可能
スイッチ
後部プッシュ式オルタネイト
連続照射
2分程度まで  夏季は気温に応じ1分程度まで  
素材
SUS304ステンレス
本体カラー
シルバー
使用電池
26650リチウムイオン電池 3.6-3.7V 2本 (電池は付属しません)
充電器
26650リチウムイオン電池専用簡易充電器付属 
作動温度
環境温度5℃~+35℃
保管温度
環境温度-10℃~+50℃
LD寿命
8,000時間
保証期間
1年