TOP > レーザーポインター出力偽装

レーザーポインターの出力偽装・詐欺問題

中国人詐欺グループによるレーザー出力水増し偽装販売について


レーザーポインター出力偽装 中国人



レーザーポインターの出力偽装とは

レーザーポインターの出力はミリワット(mW)で表記されていますが、流通している製品は1mW未満から高出力のものは3.7W(3700mW)まで存在します(2015年9月時点)。出力偽装では、この出力表示を大幅に水増しして販売しています。一般的に、レーザーの出力が高ければ高いほどコストも増大し販売価格も高くなるので、実際より大幅に高い出力表示に水増しして販売することで暴利を得ることを目的としているのが出力偽装です。出力偽装の対象となっているものはほとんどがグリーンレーザーポインターとブルーレーザーポインターとなっています。

現在のところ欧米等の個人マニアのレーザーポインター以外で、流通している製品の最高出力は、グリーンレーザーポインターが1000mW(1W)、ブルーレーザーポインターが3700mW(3.7W)、となっていますので、これ以上の出力はすべて出力偽装品だという認識で間違いありません。グリーンの1Wやブルーの3.7Wでさえ高コストですので、出力偽装ショップで販売されているような3万円や4万円というような価格で販売できるようなものではありません。


日本人をターゲットに十数サイトを量産

グーグルやヤフー検索「レーザーポインター」で1ページ目から2ページ目に6つほどの出力偽装ショップが表示されており、それより下位に表示されている出力偽装ショップを含めると、2015年7月現在で少なくとも15サイトを確認しております。すべて同じ中国人グループによる日本語を使用した出力偽装ショップです。中国人グループによるこれらのショップが出現し始めたのは2012年頃からですが、ショップデザインとショップ名を変えて量産を繰り返して検索結果への露出アップを狙っており、「高出力なのに安い」出力偽装製品にひっかかる日本人を網にかけようとしています。


想像を超える出力の水増し度合い

中国人詐欺グループがおこなっている出力の水増し程度が常軌を逸しています。2倍3倍程度の水増しもありますが、その多くは10倍から200倍もの出力偽装となっています。それを偽装出力だとわからずに安いと思って買ってしまい、後から騙されたと気づいたという方が後を絶ちません。レーザー出力への知識不足につけこんだ悪質な詐欺行為ですが、0.1カラットのダイヤを10カラットと偽装表示をして販売すれば立派な詐欺で犯罪になるのと同じく、レーザー出力偽装も詐欺犯罪です。


詐欺と不正競争防止法違反に該当


社会的な不正

レーザーポインターの出力はそれが商品たる重要な構成要素のひとつであり、意図的に出力を改ざん・偽装して販売することは消費者に著しい不利益を生じさせること認識しながら、自らの利益を不当に追求するものであり、詐欺行為となります。また、当然のことながら、このような改ざん・偽装をした商品を市場で販売することはまったく誠実ではなく社会的な不正でもあり、競争上でも不当であるので不正競争防止法違反にも該当します。

コンテンツのコピー

ギガレーザーでは往々にして他ショップからサイト内コンテンツをコピー盗用されていますが、出力偽装ショップからも多くのコンテンツがコピーされています。部分的であれ他者の著作権を盗用することは運営側の人間的モラルが低いことを証明しているのはもちろんのこと、公正な競争であるべき商観念からしてもやってはいけないことと広く認識されています。このようなことを他者の損害を顧みずにおこなっているような運営者は、お客様に対しても誠意あるサービスなど提供できるわけがありません。


出力偽装品の品質はB級品

出力偽装店で販売しているレーザーポインターは品質がよくありません。ただ、当店では通常販売していないものばかりですので、出力偽装ショップにある商品のデザインが気になる等の理由で興味がおありの場合は当店までご連絡ください。まったく同じ商品を出力偽装ショップよりかなり安くお売りできます。


「出力保証」や「保証」はまったくのデタラメ

出力偽装ショップでは、1年保証などと記載がありますが、保証内容の具体的な記載はどこにもなく、途中で壊れたとしても一般的な製品保証は受けられません。当店のお客様からも多くの相談を受けていますが、買ったあとは「メールしても無視」がよくある対応です。中国人グループ運営ショップの傾向として、とりあえず嘘でもいいからなんでも書いておけという姿勢が顕著に見受けられ、非常に無責任であり、そもそもの売り文句からして消費者を騙しています。


出力詐欺を拡大している詐欺集団の正体とは

高出力レーザーポインター販売業者の9割以上では二重価格や虚偽記載、出力偽装が常態化しています。2015年9月現在、これらの詐欺販売をしている勢力は大きくわけて2つあり、その最大勢力はrezapointa.comや24h-buy.com等の類似出力偽装ショップを15サイト程度を運営している中国深センにあるwitdeals(海天力電子商務有限公司)という中国企業だということが判明しています。もともとこの会社はレーザーポインターを含めた中国生産のB級電気製品や模倣雑貨を販売するショップを運営していましたが、現在はそれに加えてレーザーポインターのみのショップを量産しています。日本人相手に出力偽装をして売ると暴利を得られると気づいた結果、レーザーポインターだけショップを独立させ量産しているのだと推測できます。

下記リンク先は当店のお客様よりご連絡いただきましたwitdeals(海天力電子商務有限公司)について詳しく書かれたページですのでご参照ください。また、ネットで「witdeals 評判」などと検索すると、witdeals(海天力電子商務有限公司)は詐欺との情報が多数見られます。
www.witdeals.com (海天力電子商務有限会社)は信用できない srad.jpより

尚、witdeals(海天力電子商務有限公司)は、日本のプライバシーマーク制度を管理する一般財団法人日本情報経済社会推進協会により、平成24年11月時点でプライバシーマーク非付与事業者による不正使用でウェブサイト上にて公表されていました。


レーザーポインターのよくある出力偽装の例 

グリーンレーザーポインターの場合

実際出力 20mW~200mW → 偽装表示 200mW~10W(10000mW)
実際出力50mW~100mWのものを使っていることがほとんどで、よくあるのが1W、3W、5W、10Wの偽装表示ですが、同一製品で同じ出力のものを多数の出力バリエーションがあるかのように1W、3W、5W、10Wと表示を分けて価格にも違いをつけていたりしますが、実際はすべて同じものです。

ブルーレーザーポインターの場合

実際出力 1W(1000mW)~1.5W(1500mW) → 偽装出力 2W(2000mW)~50W(50000mW)
ほとんどが実際出力約1Wから1.5W程度のもの使っています。2W表示のものは実際はすべて1Wであり製品品質もよくありません。その他は、5W、10W、30W、50W表示が多いですが、実際はすべて1Wか1.5Wです。


レーザーポインター出力偽装ショップの見分け方

2つ以上の該当があれば詐欺ショップ確定です。
・ 最強、超高出力、超人気、No.1!! 、激安、80%OFF!などの表現を多用している。
・ 100%何々、などの根拠がなければ一般の広告表現では禁止されている絶対的な表現を使用している。 
・ 「PSC認証を受けた」などと虚偽記載がある。出力1mWを超える製品はPSC認証を受けられません。
・ 業界最低価格!最高品質! などの表現を根拠の記載もなく使用している。
・ 「累計出荷数で88000個突破!!」など、まったく関係のない楽天市場ショップの販促画像を切り取って盗用している。
・ ところどころ日本語が不自然。
・ 振込先口座名義が中国人名。
・ メールで問い合わせると返信がない、もしくはコピペか不完全な日本語で返信がある。
・ 50000mWブルーレーザーポインター、 10000mWグリーンレーザーポインターがある。
・ ベース価格と現在価格表示がある。販売実績のない高い価格を表示して現在価格を安く見せる二重価格で不正行為です。
・ ショップへのリンクを張り巡らすためにスパムブログを量産している。
・ 日本人の実名レビューが掲載されていて、その内容もどこか不自然。 
・ 会社概要ページにどこの工場なのか何を作っているのかよくわからない写真がある。
・ 会社概要ページに無人の事務所の写真や建物外観の写真があるがよく見るとCG画像(よく見なくてもわかりますが…)。


もし出力偽装ショップから買ってしまったら

PayPalの場合、購入後でもPayPalに実物と商品情報が異なる旨のクレーム申請をしてPayPalに仲裁してもらい返金が可能です。もし注文だけして未入金であれば、出力偽装ショップだとわかった以上は注文したからといって入金する義務も必要もありません。詐欺なのですから丁寧にキャンセルの連絡をする必要もありません。もし銀行やゆうちょ銀行への入金を終えてしまった場合は、銀行に詐欺にあったとして組戻し処理を依頼しましょう。