TOP > その他のレーザーポインター > バイオレットレーザーポインターX330V

500mW高出力の紫色レーザーポインター

405nmバイオレットレーザーポインターX330V

バイオレットレーザーポインターX330V


収束性に優れる405nm紫色レーザーポインター

焦点調節が可能ですので、レーザービームの発散収束ができます。紫色レーザーはビームの収束性に優れ、ビームウエストは0.8mmを実現。小さいスポットを望む研究実験分野でも好評です。


「世界一受けたい授業」の蓄光反応実験に採用

日本テレビ系列の番組「世界一受けたい授業」(2011/07/30放送回)にて、レーザー光線を蓄光素材に反応させる実験にX330Vが使用されました。番組中では千原ジュニアさんら出演者がセーフティゴーグルを着用したうえで、蓄光素材に名前を書いたりするという実験をしましたが、レーザー筆跡がしっかり見て取れて見事に成功しました。


安全面も充実

セーフティキーがあるので、OFF側にしてキーを別の場所に保管しておけば、電池が入っていたとしても誤って子供がさわった場合にレーザーをONにできません。また、レーザー照射口シャッターがあるので、レーザー使用開始時の不意なレーザー照射を防止できます。


視認性を重視する用途には向きません

紫色波長405nmは人間の目にとって非常に視認しにくい波長です。紫色の綺麗な色味や燃焼をさせやすいなど405nmならではの特徴もありますが、緑色レーザーと比べた場合、レーザー光自体はだいぶ暗く見えます。例えばこの405nmの500mWであっても、グリーンレーザーの100mWより遥かに暗く見えます。ただ、照射対象が白いものの場合は明るくきれいな紫色を見ることができます。このように視認性はよくありませんので、レーザービームの視認性を重視する場合はグリーンレーザーポインターもしくは高出力のブルーレーザーポインターをご検討ください。

DSC00468.JPG
シンプルなボディで質感高くまとまっています。※フォグ効果使用。

DSC04155.JPG
ブルーレーザーポインターX330Bと共通の外観です。

バイオレットレーザーポインターX330V 500mW.JPG
実験や研究に人気ですが、紫色レーザーの視認性はよくありません。

紫色レーザーポインターX330V 500mW スイッチボタン.JPG
レーザー照射中は赤いLEDがさりげなく点灯。

ブルーレーザーポインターX330B ヘッド.JPG
ヘッドを回転させて焦点を調節します。

405nmバイオレットレーザーポインターX330V スポット.JPG
波長405nm実質出力500mWは海外市場でもほとんどありません。

製品仕様

商品名
バイオレットレーザーポインターX330V
出力・価格
350mW 24,800円
500mW 28,800円
本体サイズ
φ24*180mm
重さ
126g (電池含まず)
波長
405nm
発振動作
CW
ビームモード
シングルモード
ビーム発散角
1mrad
ビームウエスト
0.8mm
ビーム標準サイズ
直径5mm
焦点調節
可能
スイッチ
側面プッシュ式オルタネイト
連続照射時間
350mW 推奨4分まで
500mW 推奨5分まで
素材
アルミ合金
本体カラー
ブラック
表面処理
カラーアルマイト
使用電池
16340リチウムイオン電池×2本 (付属しません)
充電器
付属
推奨作動環境温度
5℃~+35℃
保管環境温度
-10℃~+50℃
ダイオード寿命
5,000時間
保証期間
1年
お届け日数
3~5日間

注文フォームへ

※ご注文はカート式ではありませんので商品が複数の場合は商品名と出力をメモしてから注文ページへお進みください。
製品仕様の数値は改良により事前通知なしに変更になる場合があります。ビームサイズ等、ビームに関する数値は個体差の影響を受けることがあり、若干の差異がある場合があります。ビーム最大サイズは、焦点を最大に開放したときに記載の地点で測定したビームサイズ値。