TOP > レーザーポインター豆知識 > 夕方以降のレーザーポインターの効果は

夕方以降のレーザーポインターの効果は 

200mWグリーンレーザーポインターの夕方以降の表情


遠くの対象への照射で、夕方と夜間にどれだけ光線が視認できるか

夕方5時を過ぎたくらい。まだ暗いとは言えないがそれでも空中のレーザー光線をはっきりと視認できる。約300メートル先のパラボランテナに当たっているのが肉眼で容易に確認できる。
夕方パラボラアンテナへの照射
↓拡大

写真ではよくわからないが、目視では約300メートル先のこの照射ポイントもそこそこ見えている。
夕方パラボラアンテナへの照射その2拡大

約1㎞先の山にも照射できているのがわかる。
肉眼で照射点は判断しづらいが、当たっているということはわかる範囲。
夕方、山へのレーザービーム照射
↓拡大

グリーンレーザーが山に当たっているのがわかる。
山へのレーザー照射拡大

橋の下へ照射。これも照射点がわかる。
夕方、橋の下へのレーザー照射
↓拡大

レーザービーム自体も照射点も十分視認できている。
夕方、橋の下へのレーザー照射

完全に夜になると本格的にレーザービームが姿を現す。
夜間時、パラボラアンテナへの照射
↓拡大

夕方のときよりもさらにはっきりと照射点を視認できる。
夜間時、レーザー光線の見え方



今回使用したは200mWのグリーンレーザーポインターですが、夜間時は100mWでもこれに近い効果が得られます。昼間や夕時の屋外でより視認性の良いレーザーを使用したい場合は200mW以上が適しています。

1.2Wや2Wのブルーレーザーでも代用できないことはないですが出力が高いと言っても色自体の視認性に劣りますので、屋外での視認性重視の場合は520nmもしくは532nmのグリーンレーザーポインターが一番適しています。

参考製品
・グリーンレーザーポインターX330 300mW~
・グリーンレーザーポインターX330GD 150mW