TOP > レーザーポインター豆知識 > レーザー光線の可視化

レーザー光線の可視化

空間中のレーザー光線を見るためには


レーザーの光線の可視程度は空間中の浮遊粒子状物質が決め手

会議などのプレゼンのためだけにレーザーを使用する場合は別ですが、空間中のレーザーの光線を見るのもレーザーのひとつの楽しみです。空間中の光線を見る場合、レーザーの光が干渉する物質が多いほうがレーザー光線をよく目視できます。それに一番効果があるのは舞台演出などで使われているスモークマシンを使用することですが、これはわりと高価ですし、普通の人は普段は使わないものですから、そこまでしたくないのが普通でしょう。ですので身近なものだとタバコの煙を利用してレーザーの光線を浮かび上がらせることがもっとも簡単です。


タバコの煙を使い環境も整える

タバコの煙をレーザーの道筋に当てるだけでもギラギラとしたレーザー光線を見ることができますが、できれば室内にタバコの煙をある程度充満させてからレーザーを点けるとかなり光線が見えるようになります。もちろん室内の明かりを消したほうがいいのですが、高出力のレーザーなら多少明るいところでもギラギラした光線がはっきりと確認できます。

例えば50mwのグリーンレーザーポインターでも、室内に多少タバコの煙などが空気中にある場合はギラギラしたレーザー光線を見ることができます。一方、空気が澄んでいる場合、屋外では光線を見ることは難しいです。しかし、霧や空気があまり澄んでいない日などは、どこまで伸びているかわからないくらいのレーザービームをはっきり見ることができます。つまり環境によりますので、一概に出力何mWだから光線がはっきり見えるとは言ないのです。しかしながらレーザーが高出力であればあるほど光線を見ることができる可能性が高いことは確かです。